珈琲のこだわり

良いコーヒーを飲んでいますか?

無農薬無化学肥料栽培の【森のコーヒー】がお話したいこと

本来のコーヒー栽培を追求した結果、

ジャングルのように自然のまま育てることがコーヒーにとって最適な環境であると信じて、

他に例をみない栽培法を続けているブラジルサンパウロにあるサント・アントニオ農園。

コーヒーの実は木の上の方になるために、

完熟して落ちたものを大切に手作業で拾っています。

Scan10003_1

こちらは通常のコーヒー農園。

管理しやすくするために除草剤をまき、強剪定しています。

Scan10021

森のコーヒーは、無農薬無化学肥料はもちろん、剪定もしません。

木の根元は、ふかふかの落ち葉が積もって薄暗い森のような状態。

Scan10258

枯葉の落ちた地面はふかふかで農薬を使用していないため、

何万とも言われる微生物が生息しています。

一般のコーヒー農園とはまったく違った風景が「森のコーヒー」の里です。

コーヒーの味は生豆で8割

焙煎2割と言われます

粒ではできるだけ新鮮な豆をその日の分だけ挽いて使います

オーダーを受けてから一杯ずつハンドドリップで入れることがこだわり

コーヒーを味わう醍醐味は、

コーヒーを淹れるプロセスにも含まれているように思います

是非、店内に広がる、ふっくらとお湯を含んだ豆の香りも楽しんで